カテゴリーイメージ:展覧会情報
展覧会情報
年間スケジュール
過去の展覧会

展覧会情報

収蔵記念 日常を綴る 宮脇綾子展

 素朴なアプリケ作品で知られる宮脇綾子(1905-1995)。3人の子どもを育てる主婦でもあった彼女は、戦後、40歳ごろから身の回りの古布や端切れを使った創作活動に没頭するようになりました。ものを大切にする心を義母から学び、戦争や貧困を経験したからこそ生まれた作品には、日々のささやかな喜びと生への感謝、驚きや好奇心といった人間の根源的な感情が満ち溢れています。本展では、アプリケ作品だけでなく、創作に使われた端切れや大切にしていた油単、作品のインスピレーション源であり一部ともなった記録帖などを通して、宮脇綾子という作家の「日常」に対する視線を浮かび上がらせます。
 今回同時に取り上げるモンデンエミコ(1979-)もまた、針と糸を使い作品をつくりあげるアーティストですが、その表現は宮脇綾子と似ているようで少し異なります。生活と制作の間で悩みながらたどり着いた「刺繍」という方法によって、彼女は自身の「日常」そのものを創作活動とする術を得たといえるでしょう。
 両者の共通項は、流れゆく「日常」を可視化し、留め置き、綴りだしていく行為、そして「つくること」と「生きること」との密接な重なりにあります。うれしいときも、悲しいときも、晴れた日も、雨の日も、「つくること」を通じてとらえた「日常」をテーマとする展覧会です。

宮脇(みやわき)  綾子(あやこ)

1905年、東京生まれ。1927年、画家・宮脇晴のもとに嫁ぎ、以後亡くなるまで名古屋に住む。3人の子どもに恵まれ、妻・母として生活するなかで、好きな縫い物と身近にあった布の端切れを生かしたアプリケ作品を作り始める。公募展や個展などで発表の機会を重ねて注目を集め、「アップリケ綾の会」を主宰するなど名古屋を中心に活躍。日常から生まれたあたたかみあふれる作品を生涯作り続けた。1995年、90歳で亡くなる。
  • 《いちぢく》 《いちぢく》
  • 《どくだみ》《どくだみ》
  • 《ねぎ坊主》《ねぎ坊主》
  • 《スケッチブック》《スケッチブック》
  • 《色紙日記》《色紙日記》

モンデン エミコの刺繍日記

【モンデン エミコ】

1979年、愛知生まれ。2005年、金沢美術工芸大学大学院彫刻専攻修了。コラージュによる刺繍日記、モビール作品を制作。毎日眠るように、食事をするように、当たり前の日常として作品を作りたいという思いから、2010年頃より、幼少期より継続している日記を作品という形で展開している。
会 期 2017年10月11日(水)~12月10日(日)
会 場 清須市はるひ美術館
開館時間 10:00~19:00 (入館は18:30まで)
休館日 月曜日 (祝日の場合は開館、翌平日が休館)
観覧料 一  般 500円
中学生以下無料
※20名以上の団体料金450円
※清須市立図書館貸出利用カード提示者450円
※各種障害者手帳提示者および付添人1名は無料
【開催期間中限定】インターネット入館割引券
主 催 清須市はるひ美術館
後 援 愛知県、愛知県教育委員会、中日新聞社
関連イベント
ワークショップ
「ちょっととくべつな日常を縫ってみよう!」
あなたの日常を切り取った写真をもとに、針と糸を使って作品をつくります。
※携帯電話やデジカメであなたの「日常」を撮影してきてください。
日 時 : 11月4日(土) 14:00-16:00
場 所 : 清須市はるひ美術館
講 師 : モンデンエミコ
材料費 : 500円(観覧料は別途必要)
定 員 : 先着20 名
申 込 : 美術館 TEL: 052-401-3881
 
館長アートトーク
「アップリケ革命、
 宮脇綾子の日々を紡いで行く幸福。」
当館館長高北幸矢が作品の魅力をわかりやすくお話しします。
日 時 : 11月18日(土) 16:00~17:00
場 所 : 清須市立図書館2階 研修室(美術館隣)
講 師 : 高北幸矢(グラフィックデザイナー、清須市はるひ美術館館長)
料 金 : 無料
申 込 : 美術館 TEL: 052-401-3881
 
学芸員によるギャラリートーク
日 時 : 10月29日(日) 11:00~
12月  2日(土) 14:00~
30分程度 予約不要
このページの先頭へ