展覧会情報
ミスマッチストーリィ 河北秀也のiichiko DESIGN

みずみずしい風景の中にぽつんと置かれた1本のボトル、短くも心に響く詩の一節のような言葉。駅の構内で、横長の大きなポスターに目を奪われた経験はないでしょうか。控え目に入れられた商品名から、ようやくそれがある酒の広告であることがわかります。その名は「いいちこ」。大分県宇佐市の酒造メーカー、三和酒類株式会社が1979年から発売するロングセラー商品です。

ポスターをはじめとして、雑誌広告やCMなど、「いいちこ」のプロモーションは単なる宣伝を超え、商品や購買層のイメージづくりに大きく貢献し、その一貫した世界観はデザインの本質を常に提示してきました。これらすべてをプロデュースしているのが、アートディレクターの河北秀也(1947-)です。

本展では、iichiko designを通して、河北秀也のデザイン思考に触れるとともに、ブランディングなど経済的な営みにおけるデザイン的アプローチについても掘り下げます。常に急速かつ複雑に変化していく現代において必要なのは、案外シンプルでアナログな、「ミスマッチ」なものであるのかもしれません。

▶ 展覧会チラシ
▶ 会場ハンドアウト(前期)
会期

2021年7月22日(木・祝)~10月3日(日)
※会期中、一部展示替えをおこないます。
 前期 7月22日(木・祝)~8月29日(日)
 後期 8月31日(火)~10月3日(日)

開館時間

10:00~19:00(入館は18:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

観覧料

一般 800円 中学生以下無料
※20名以上の団体は1人700円
※各種障がい者手帳等提示者及び付添人1名は無料
※清須市立図書館貸出利用カード提示者750円
※リピーター割引500円(会期中、本展チケット半券のご提示で1名様1回限り)
※割引の併用はできません

主催

清須市はるひ美術館

協賛

三和酒類株式会社

協力

株式会社日本べリエールアートセンター、株式会社東宣

会場構成
映像
施工・展示

谷薫・酒井名月・古畑大気、株式会社アーティストリー、有限会社ぽいんと

企画

奥村綾乃(清須市はるひ美術館)

関連イベント

● ワークショップ「コピーライター体験してみよう」

鉛筆と脳みそがあれば、いつでも、どこでも、誰にでも始められるのがコピーライティング。奥は深いが入口は広い!難しい知識は不要です。

講師:

山本崇喜(清須市立図書館館長 元コピーライター)

日時:

8月8日(日)14:00~15:30

場所:

清須市はるひ美術館

定員:

20名/要電話申込(052-401-3881)

持ち物:

できれば濃い目の鉛筆、消しゴム

※要観覧券

● 高北幸矢館長アートトーク「『いいちこ』と38年、アートディレクター河北秀也のぶれないスタンス。」

当館恒例、月に一度の館長アートトークにて、河北秀也を取り上げます。デザイナーでもある高北館長による、プロ目線からのデザイン談義です。

日時:

8月21日(土)16:00~17:00

場所:

清須市立図書館2階 研修室

定員:

25名/要電話申込(052-401-3881)

● 河北秀也氏ギャラリートーク

日時:

9月12日(日)14:00~15:00

場所:

清須市はるひ美術館

定員:

20名/要電話申込(052-401-3881)

※要観覧券

● 清須市立図書館特集展示

月刊誌『芸術新潮』(新潮社)に掲載されてきたiichiko SUPERの広告を特別に展示します。